参考にしよう”トヨタ流モノづくり”

 

■トヨタの大規模リコールと、モノづくりの基本的な考え方(人を育てるしくみと機能に関して)

 ■トヨタ流とは(企業の目的と現場力)

■今なぜJust in Timeと自動化なのか(産業の進化で得た思想)

 ■より速く、より多くは、モノづくりの原点(大ロット大量生産は原価低減の協力な手段)

■より速く、より多くの盲点でつまずいたトヨタのモノづくり(需要を無視したモノづくり)

 ■節約の思想で生まれた思想(モノづくりは自然の摂理に逆らえない)

■JIT生産とは(モノの仕入れから代金を受け取るまでのリードタイムの短縮)

 ■JITは後工程引き取り(日常の商いにおけるあたりまえの思想)

■JITの目的は元値(元価)低減(仕入から売掛金を受け取るまでのトータルコストの削減)

 ■元値(元価)を下げる(つくり方や運び方を変える=モノやものごとの見方を変える)

■ムダを取る、なくす(人や機械の「動き」を「働き」に変える)

 ■多くの企業で見られる光景(負荷価値はつくった結果であって、つくる過程ではない)

■TPSの説く7つのムダと、最も質の悪いムダ(全てのムダの発生要員は人である)

 ■管理と監督(モノをつくるとは、Q・C・Dのすべてを満足させること)

■生産現場は生き物(元値はつねに変動する)

 ■4Mのバラツキ(バラツキ大小は品質、生産性に大きく影響する工程の異常)

■工程の異常を見分ける(異常とはいつもと違う状態、いつもとは何かを明らかにする)

 ■5Sとは(整理・整頓・清掃・清潔・躾の略称)

■5Sの目的(自主性の発揮=生産性向上への貢献=企業イメージの向上)

 ■5Sの定着があって活きるJIT生産(モノづくりも改善活動も「5S」が基本)

■難しくはないJIT生産(縫製工場のお金のかからない生産性向上事例)

   JITは、Just in Timeの略、TPSは、Toyota Production Systemの略