JIT生産技術研究所

事業内容紹介

1.トヨタのモノづくりに関する思想を活かした人材の育成と職場の活性化

2.人材育成と職場の活性化に関する講演

 ◎実施事項-①(現場指導)職場にはびこる問題の見つけ方と改善方策を3現主義(現地・現物・現状)に徹し、現場に強い人づくりのお手伝いをします。企業は人なり、人の叡智と技の集結で現場力の向上を。

 ■現場力とは、モノを効率良くつくる・運ぶ・管理する力=モノを売る力

 ■モノをつくる・運ぶ・管理する力とは、S(安全)・Q(品質)・C(原価)・D(納期)のすべてを満足する能力

  • 安全(Safety)=事故の起きない安心してモノづくりのできる環境
  • 品質(Quality)=市場(顧客)に満足を得られる品質のつくり込み
  • 原価(Cost)=市場(顧客)も納得し、かつ適正な利潤を得る
  • 納期(Delivery)=市場(顧客)の指示した日時と量の遵守

 ■モノをつくる・運ぶ・管理する力をつける手段は、モノづくりに関わるすべての部署にはびこるムダの徹底除去(トヨタ生産方式の根底にある思想)

 ■ムダとは、お金に変えることのできないモノやものごとで、人によって生み出され、肥大化もされる

 ■ムダを除去するには、ムダと有益の違いを見分ける人材(人財)の育成

 ■ムダと有益を見分ける人材(人財)とは、現地・現物・現状(3現主義)に徹した管理・監督、運営のできる人財

 ■ムダと有益を見分けることができる職場とは、5Sの徹底

 ■5Sとは、整理(EIRI)・整頓(SEITON)・清掃(SEISOU)・清潔(SEIKETU)・躾(SITUKE)の行き届いた職場

 

 ◎実施事項-②(講演)トヨタのモノづくりの思想やその活用例及び、5S活動の進め方や問題点について多くの体験で得た事例をもとに具体的にお話しします。

 HP.jpg

 

 

1.png

2.png

JIT生産を実践した企業の製造部長の談話(”トヨタ流ものづくり”とセット)

3.png

5S活動に取り組んだ経験のある企業の悩みや問題点を基に、過去の慣例にとらわれない活動事例

4.png

生産管理とは、モノの動きの見える化である

5.png

からくり改善は設備の有効活用と作業の容易性、ミス防止が目的


企業データ

企業名JIT生産技術研究所
代表竹内俊夫
住所愛知県豊川市赤坂町紅里2-1
電話番号0533-87-4489
FAX0533-87-4489
駐車場なし
営業時間8:00~17:00
定休日なし

当社へのアクセス