ayumi-line.jpg

赤坂雨乞いまつり

2013/8/18 

東海道赤坂宿に伝わる『雨乞まつり』は、約300年むかしの宝永年間に発するといわれています。
宝永年間には富士山の噴火、大地震、干ばつによる飢饉など、天変地異による被害が多かった。
そんな中ここ赤坂宿でも、雨乞いの神事が行われたのでしょうが、それを恒例の『まつり』としてしまったところが面白くてたのしい。
三味線、笛、太鼓のお囃子をのせた山車を従えて、武士や歌舞伎役者に扮する地元おまつり青年、町娘たちが練り歩く。しかもゆったりと。
のどかな風情がただよう、真夏赤坂宿のまつりです。

ayu130818-05.jpg
音羽商工会の町娘も応援参加
涼を呼ぶ『冷しぜんざい』『アイスコーヒー』のお値打ちサービスも
ayu130818-02.jpg
ayu130818-08.jpg
ayu130818-10.jpg
ayu130818-15.jpg
ayu130818-19.jpg
ayu130818-03.jpg
ayu130818-09.jpg
ayu130818-14.jpg
ayu130818-17.jpg
ayu130818-20.jpg
ayu130818-04.jpg
ayu130818-12.jpg
ayu130818-13.jpg
ayu130818-16.jpg
ayu130818-18.jpg