ayumi-line.jpg

愛知を食べにおいでん祭

2012/10/13
ayu2012-10logo.jpg ayu2012-1001.jpg
 
音羽商工会では2013年におこなわれるB1グランプリ in 豊川に向け、東海道赤坂宿の郷土食『雲助めし』をベースにした『雲助いなり』を出品しました
2013年、豊川市でおこなわれる『B1グランプリ』のプレイベントをもいうべき、2012あいちを食べにおいでん祭は、2012年10月13日、雲ひとつない秋晴れのもと、豊川市体育館横のけやき並木・歩行者天国でおこなわれました。

音羽商工会からも、旧東海道赤坂宿の郷土食・雲助飯を発案とした『雲助いなり』を出品。

ayu1210-08.jpg 
出店はサーフ・ラプス/こだわり農場すずき/どんぐり茶屋あかり/道長
ayu1210-06.jpg
どんぐり茶屋あかり
看板むすめのなおみちゃん
ayu1210-07.jpg
竹本副市長さんにも、雲助いなりをお買上げいただきました。ありがとう
ayu1210-12.jpg
サーフ・ラップスさんは、名古屋コーチンフランクをトルティーヤで包んだ新感覚テイクアウト『フラップス』出品
ayu1210-13.jpg
こだわり農場すずきさん
音羽米で作ったあかちゃんせんべい
ayu1210-14.jpg
いなり寿司で豊川をもりあげ隊の雄姿

 

ayu1210-11.jpg
どんぐり茶屋あかりでは、このほかに、雲助めしセットなども・・・

 

ayu1210-09.jpg

『雲助めし』について
江戸時代、赤坂宿の雲助さん(駕篭かつぎ)たちが、いそがしい合間に食べた、ごはんにみそとネギ、油あげを混ぜ込んだ即席ごはん『みそ飯』がありました。これに音羽商工会が『雲助飯』と命名したのが始まりです。

以後、毎年秋におこなわれる『宮路山もみじまつり』での『雲助めし』無料接待で、郷土赤坂のPRを続けています。

『雲助いなり』
旧東海道赤坂の無料休憩所『よらまいかん』すぐ東の、どんぐり茶屋『あかり』は、街道をウォーキングなどで訪れるお客様や、地域住民のお休み処。お昼には雲助飯ランチを出していただいています。ドリンクやパン、クッキー、せんべいなども。

発案は商工会ですが、『雲助いなり』の商品化はもっぱら『あかり』で推進。試行錯誤の末、やっとのことで逸品に仕上げました。

こんなところに苦労が・・・
本来、雲助さんが即席で食べたごはん。みそとめしを混ぜただけなので、時間が経つとみそがごはんに染み込んでしまい、風味がうすれてしまいます。この難問をいかに解決したのか。

どんぐり茶屋『あかり』で『雲助いなり』をどうぞ。

ayu1210-cala01.jpg
 蒲郡は『ごりやく市』のマスコット『こんきち』、蒲郡競艇の『ととまる』
ayu1210-cala02.jpg 
 筆の町春日井『道風(とうふう)くん』
ayu1210-cala03.jpg
新城軽トラ市でおなじみ『のんちゃん』
ayu1210-cala04.jpg
 サボテン栽培の盛んな春日井市『井之介』くん
ayu1210-cala05.jpg
豊明『ひきずり』鍋のキャラ ・名前募集中!!
ayu1210-cala06.jpg
 豊川いなりのマスコット『狐娘(ここ)ちゃん』
ayu1210-cala07.jpg
 豊川市諏訪商店街の『すわポン』
ayu1210-cala08.jpg
高浜とり飯のキャラ『めしどり』
 
ayu2010kumosuke.jpg
 
 
 
 
雲助いなり
 どんぐり茶屋『あかり』でどうぞ
ayu1210-15.jpg
あいちを食べにおいでん祭に参加いただいた商工会員様
〒441-0202
豊川市赤坂町紅里132番地
 赤坂休憩所『よらまいかん』すぐとなり
TEL/FAX:0533-79-7938

サーフ・ラップス(株式会社GOLDEN AGE)
〒441-0211
豊川市御油町西沢70番地

メゾン西沢A-102
TEL:0533-87-8532
〒441-0201
豊川市萩町上林54
TEL:0533-87-3884

本 店:〒441-0201
    豊川市萩町倉戸13-2
    TEL:0533-87-7859
金谷店:豊川市中央通り4-45
    
姫街道佐奈川の東すぐ
    TEL:0533-89-1320

〒441-0201
豊川市萩町下大田面83番地1

TEL:0533-87-5537