雲 助 め し

郷土食『雲助めし』

東海道赤坂宿を駕籠かきが駆け抜けていたころ、いそがしい人足たちがかっこんだといわれるのが、この地方の郷土食味噌めしだったといわれています。

『雲助めし』の愛称の命名は、実は音羽商工会。1991年(平成2年)『宮路山もみじまつり』が始められたころ。

重労働で食欲がなくても『雲助めし』なら食べられる。味噌パワーでまたアクセル全開でがんばれる。

時代は変わっても、その素朴な味わいはなぜかなつかしく、味わいがあります。

秋のコアブラツツジの紅葉にも似て、赤みその食欲をそそる色と香りは最高の料理です。

あなたも、ぜひ、一度試してみませんか?


 

.jpg

材料(1人分)

  1.冷やご飯 茶碗1杯

  2.ねぎ

  3.油揚げ 1枚

  4.赤味噌

 

 

IMG_3110.jpg

レシピ提供:成瀬うた子先生

  豊川市赤坂町・成瀬うた子先生が主宰された、音羽加工グループ『愛輪』で使用されたレシピです。

長年にわたり、多数の料理教室を開催しながら、雲助めしなど赤坂町の伝統食・郷土食を一般市民に広く推奨している。


作り方

  1.ねぎを5センチくらい、油揚げを細切りにする。

  

 

 

 

 

  2.蒸し器に冷やご飯を入れる

  

 

 

 

 

 

  3.冷やご飯の上に赤味噌をのせる

  

 

 

 

 

 

 4.3を覆うように、油揚げ、ねぎの順にのせる

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5.蓋をして蒸し、蒸気が上がってから5分間蒸す

 6.全体をざっくりと混ぜ合わす

 

 

 

 

 

 

 7.出来上がり

 

 

 

 

 

 

IMG_3106.jpg

IMG_3114.jpg

IMG_3120.jpg

IMG_3122.jpg

IMG_3128.jpg

 

IMG_3131.jpg

IMG_3132.jpg

cursor.gif前のページにもどる